オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

【グアム】受入れ再開PR動画を公開!だけど・・

 

こんにちはビーズです。

お立寄りいただきありがとうございます。

 

グアム政府は旅行者受入れ再開を発表後、まだ新たな情報は出しておりません。

このままでいけば予定通り7月1日に再開されるのは、ほぼ確実だと思われます。

政府観光局は、再開に向けてPR動画も公開しました。

 

コロナ発生後、数本の動画がアップされており、私も今日初めて観ましたが

ちょっと感動してウルウルしてしまいました。(´;ω;`)ウゥゥ

どうぞご興味のある方は、ぜひご覧くださいませ。

 

visitguam.jp

 

しかし再開にむけて現地では賛否両論、それぞれの立場での意見が飛び交っています。

 

島民は入島時に14日間の隔離検疫を受ける義務があるのに対し、旅行者は必要ないのというのは不自然だし、それで本当に安全と言えるのか?

 

日本や韓国側での規制が緩和されていなので、実際に来島する人数も限られているだろうし、その中で再開する意味があるのか?

 

限られた来島数ではホテルを営業再開したとしても赤字が増えるだけなのでは?

などなど・・

 

そして今一番懸念されている理由として、グアム駐留空軍兵がもたらしたクラスター。

数日前から空軍基地で集団感染が確認されています。

14日間のホテル隔離中に、行動規則をやぶり外出してしまった兵士から感染が拡がった可能性があるとのこと。

現在35名の兵士の感染が確認されています。

 

この35名が立ち寄ったレストランやお店の名前が公表され、この店に行った覚えのある島民は検査を受けるように促されています。

 

その影響なのか、ドライブスルーの検査を受ける人が増え、きのうは14人の感染者が確認されました。これまで毎日0とか1人だった感染者が14人に。。

どこで感染したかは定かにはなっていませんが、疑念を抱いてしまいます。

 

公表されたお店側も大変です。

ただでさえ客数を定員の50%しか入れることができないうえに、さらにこんなことに巻き込まれてしまい益々客足が遠のいてしまいます。

 

そして公表されたお店はどのお店も島民に人気のあるお店で、やっと外食ができるようになったと思っていたところへこの騒動です。

立ち寄った店の中にはスーパーなども含まれていて、島民はもう怒りを通り越して呆れています。

 

このクラスターをうけて、政府が今後どのようにこれを判断するかに注目が集まっています。

 

また新しい情報が入り次第、お知らせいたします。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。(´-人-`)