オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

関節症乾癬は腱付着部炎も引き起こす

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

ここ最近、手首の痛みがスゴイです。

曲げ伸ばしはまだ大丈夫なのですが、

ちょっとヒネル感じに動かすと激痛が走ります。

 

まるでバネ指のような感じです。

バネ指も伸ばすとき、パキッとなって痛みが走りますよね、

まさにあんな感じです。

 

この痛みは関節ではなくて、

腱付着部炎の痛みだと思われます。

 

バネ指の治療は局所にステロイドの注射をしたり

手術をしたりするようですが、

手首の場合はどうなんでしょうね。。。

 

右手なので大変です。

 

 

現在使っている薬は、

トルツ

2週間おきに1本(80mg)

ネオーラル

2日おきに1カプセル(50mg)

メソトレキセート

1週間に1錠 (5mg)

 

そして

ロキソニン(痛み止め)、ムコスタ(胃粘膜保護)を

症状に合わせて服用しています。

最近は、寝る前に1錠づつ服用しています。

 

なぜ寝る前かというと、

朝、痛みでなかなか起き上がれないからです。

一旦ベッドの端に座って足を降ろしてから立ち上がるのですが、

アキレス腱や踵に痛みが走ります。

寝る前にのんでおくと、わりとスムーズに動くことができます。

また痛みで夜中に目が覚めてしまうのを防ぐためでもあります。

 

トルツを使う前に、ルミセフという薬を使っていたんですが、

その時はロキソニンを毎日4錠飲んでいました。(>_<)

ルミセフ、私には合わなかったようです。。。

 

でも、これだけ手首や他の関節も痛みが出てきたということは、

トルツも効かなくなってきたのかなぁ?

これは、かなりショックです。(/ω\)

 

関節症乾癬は腱にも症状がおこります。

ご注意ください。

 

少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。