オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

ルミセフとオテズラを使ってみた私の感想です

こんにちは。

ご訪問ありがとございます。 

 

今回は、

以前の薬(コセンティクス)が効かなくなってきたので、

ルミセフに切り替えになり、同時にオテズラも開始になったというお話です。

 

 

ルミセフは今までと同じく自己注射なので、

すんなりと切り替えができました。

コセンティクスはペンタイプでしたがルミセフはシリンジなので

関節炎の指で打つのは少し不便かな・・

ペンタイプに慣れてしまったんですね。

注射は痛くないけれど、打ったあと少し腫れて痛みがありました。

まあ、これはどんな薬も一緒ですね。

 

 

そして、オテズラです。

この薬は注射ではなく飲み薬になります。

徐々に量を増やしていくタイプの薬で、

日数ごとにパックされているので分かりやすいです。

 

しかし、残念ながら私には合いませんでした。

3日目くらいで異変を感じ始めました。

 

主な症状は、吐き気と下痢でした。

あらかじめ主治医から副作用で吐き気があるかもしれないと言われていました。

その時のために、吐き気止めの薬も一緒に処方されてました。

副作用を更に薬で抑えるって・・・

こうやって薬づけになっていくんですね。(*´Д`)

 

2日目までは特に何事もなく飲めていたんですが、3日目くらいから急に吐き気と下痢に襲われるようになりました。

嫌だったけれど、吐き気止めも飲みました。

 

しかし次第に食事もできなくなり、下痢も続きました。

 

主治医からは、

もし続けて飲むのが辛かったら

1回くらい飛ばしてもいいと言われていたので、

何度か飛ばしたりして、だましだまし飲んでいたのですが。

 

結局

1ヶ月くらいでギブアップしちゃいました。(ーー;)

お陰で2キロくらい痩せました。

 

ルミセフはそのまま続行。

しかしまたまた異変が・・

ルミセフだけで1ヶ月くらい過ぎたころ、

関節の痛みが強くなってきました。

 

指や肩や顎、膝や足首など痛くて夜中に目が覚めるほどでした。

痛み止めの量も増えて、1日4錠に!

のまないと何もできないほど悪化。

 

すぐに受診することができず、

3ヶ月後の予約日まで我慢しました。

 

すると血液検査の結果にビックリ!

血沈もCRPも悪化、

MMP-3なんて470越えてました。

これは薬が効いてない!

ということで、また薬が切り替えになり

トルツを使う事になりました。

 

結局、私にはルミセフもオテズラも合わなかったようです。。

ルミセフは3ヶ月、オテズラはわずか1ヶ月で中止となりました。

 

これはあくまでも私の場合です。

私個人の感想です。

人それぞれ薬との相性や様々な事情などあると思います。

何卒ご理解頂けますよう、

お願い申し上げます。<(_ _)>

 

少しでも参考にして頂けたら幸いです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。