オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

コセンティクスを使ってみた感想

こんにちは。

お立寄りいただきありがとうございます。

 

コセンティクス

ヒト型抗ヒトIL-17Aモノクロナール抗体製剤

セクキヌマブ(遺伝子組み換え)注射剤

 

 

最初はシリンジタイプだったのですが、途中からペンタイプになりました。

私の意向ではなくて病院側からの変更です。

シリンジに慣れていたし、正直ペンタイプはちょっと怖かったので、

シリンジを希望しましたが、在庫がないという事であえなく却下。(´;ω;`)

 

注射の打ち方は、もちろん病院で看護師さんに指導していただきます。

シリンジでもペンタイプでも同様です。

看護師さんの指導のもと、自分で打ちます。

看護師さんが見てくれているので、安心して打てます。

 

ペンタイプの打ち方は、

お腹のお肉をギューっとつまんで

ほぼ垂直になるように強く押し当てます。

    f:id:beads-b:20191201120726p:plain

    こんな感じです

 

太ももでも大丈夫です。

誰かに打ってもらえるときは、二の腕のタプタプでも大丈夫です。

 

強く押し当てるとカチッと音が鳴り、自動で針が出て薬が注入されます。

薬が全部注入し終わると、またカチッと音が鳴ります。

そのままスグに針を抜くのではなく、10秒数えてから針を抜き終了です。

 

さすがに自宅で一人で打つときは、チョット怖かったですが。。

でも、すぐに慣れるから大丈夫ですよ!(^_^)v

時間もけっこう早いです。難しい事は全然ないです。

痛みもほとんど感じません。

 

 

肝心の効き目はというと、、

私にはとても合っていたようで、打ったその日から関節の痛みがマシになりました。

皮膚の方は、この前に使っていたステラーラでほぼ消滅してたので、

コセンティクスに変えて大丈夫かと心配でしたが、全く問題ありませんでした。

 

皮膚にも関節にも良く効きました!

あくまでも私個人の感想です。

 

結局2年ちかくコセンティクスを使っていました。

4週間ごと、1度に2本打っていました。

相性の良い薬でしたが、ゆーっくりと徐々に関節の症状がすすんでしまい、

炎症が抑えきれなくなって、痛みも強くなったため、

他の薬に切り替えとなりました。

 

少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。