オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

幸せホルモンの増やし方

 

こんにちは、ビーズです。
お立寄りいただき
ありがとうございます。


前回、笑顔になると幸せホルモンが

分泌されるというお話しをしました。

 

このホルモンは脳内ホルモンで主に

セロトニン、オキシトシン、ドーパミン

という3種類のホルモンが分泌されます。

 

笑顔になれば幸せホルモンが分泌されるのはわかるけれど

では、なぜ作り笑いでもホルモンが分泌されるのでしょう?

 

それは脳の錯覚、勘違いで起こるようです。

 

人は笑顔になるとき表情筋を動かします。

脳はその動きを憶えていて

この筋肉のこの動き方は「嬉しいときや楽しいときにいつもする動き」

と認識し、今自分は幸せなんだ!と錯覚するということです。

 

脳は割と簡単に勘違い、騙すことができるそうですよ。

 

とくに触感や体感に反応すると言われています。

なので、やわらかいものや

フワフワしたものを触るだけでも

幸せホルモンが分泌されて安心するそうです。

なんか分かる気がしますね。(*^^*)

 

着る物も、できるだけ軟らかくて

肌触りのいい物にするといいですね。

特に部屋着とか。

 

そして中でもオキシトシンは、

抱擁ホルモンとも言われているほど触感に反応します。

パートナーや親子でのスキンシップが

最も分泌量が上がるということです。

 

そして

可愛がっているペットを抱きしめるのも効果的だとか。

ふわふわモフモフの肌ざわりと温かさ。

       ˘⌣˘♡

幸せにならないはずがありませんよね。

 

f:id:beads-b:20200329162920j:plain

 

 

不安なとき

そっと手を握ってもらうだけで安心しますよね。

これもホルモンが関係してるのだと思います。

 

人との触れ合いや温もりが大切なんですね。

 

今はコロナで

気軽に握手やハグはできないけれど

家族内でやってみるのも

いいのではないでしょうか?

 

そういう習慣のない日本人にとっては

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが

こんなご時世

家族の絆を深めるいい機会です!

 

例えば夜、寝る前に

今日も一日無事に過ごせてよかった

明日もよろしくね!

ってハグしあったり・・

ハグが無理なら

笑顔で握手してみる

なんてどうですか?( ´艸`)

 

また

朝、太陽の光を浴びると

セロトニンが分泌されやすくなり

ストレスが軽減されると言われています。

今の様に外に出るのが難しい時は

強い光を浴びるだけでも効果があるそうです。

セロトニンが分泌されると

夜、メラトニンがつくられて

質の良い睡眠が得られるとのこと。

なのでさらにストレスも軽減できますね。

 

ということで、考えてみると

他にもいろいろありそうですが

自分にあったやり方を見つけて

幸せホルモンを増やして

なるべく明るいこと考えて

 

頑張って行きましょう!

 

最後までお読みいただき

ありがとございました。(´-人-`)