オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

【スピリチュアルカウンセリング】初めて受けた時の体験談①

 

こんにちは、ビーズです。

お立寄りいただき

ありがとうございます。

 

私がスピリチュアルに関心を持ち始めたのが

スピリチュアルカウンセリングというものでした。

 

この場合のカウンセラーは霊能力者。

その霊能力者を通して霊界とやり取りをするのが

スピリチュアルカウンセリングです。

 

今から10年ほど前に

初めてカウンセリングを受けた時の様子をお話したいと思います。

ご興味のある方は、どうぞお付き合いください。

 

スピリチュアルカウンセリングを受けるずっと前から

心理カウンセリングは長い間受けていました。

たしか20年くらい前になると思います。

 

政府が運営する施設で通訳の方を交えながらのカウンセリングでした。

カウンセラーの方も通訳の方も、とても親身になってくださいました。

 

向精神薬や抗鬱薬も数種類服用していました。

 

当時本当にすさんだ生活をしていた私

自殺願望とアルコール依存で

生き地獄のような日々を過ごしていた私は

ここでどれだけ救われたことでしょう。。

 

心理学からみた心の動き方や

心の病を癒す様々なワークをすることよって

自分の思い癖、考え方の傾向などを知ることができ、

一歩前進する事ができました。

 

が、しかし!

そこから先へ進む事ができず、

行き詰まり、八方塞がりに。。。

 

結局心理カウンセリングは3年間続けましたが
私の場合、心の仕組みが分かったからといって

苦しみが無くなることはありませんでした。

 

ここまでやってもまだ病み続ける私。

これ以上は無理なのか。。

どうせ私の人生なんて所詮こんなもんだと、

また自己嫌悪に陥り悪循環のループへ

 
同時に乾癬も悪化していました。

背中全体に乾癬ができ真っ赤に熱を持ち、皮膚が硬く分厚くなってました。

まるで亀の甲羅の様に。

分厚くなった皮膚が剥がれ落ち、血が滲み出て

かさぶたを作りさらに分厚くなり剥がれ落ちるの繰り返し。

何度か入院もし、心身ともに疲弊しきっていました。

 

生きながら死んでいるような、鬱々とした日々を過ごしていました。

 

 

そんな私を看兼ねてか、知り合いの方が

信頼できるスピリチュアルカウンセラーがいるから

受けてみたら?と勧めてくださったんです。

 
その方は実際に何度か受けたことがあるらしく

その霊界通信の確かさに何度も驚ろかされたと。。

一度観てもらったらいいと、連絡先を教えてくれました。

 
以前から私も興味はあったものの、いったい何処へ行けばいいのかも分からず

検索してみても、たくさんの霊能力者と言われている方がおられ、

その中から自分に合った本物の霊能力者を探し出すなど至難の業。

私には無理と半ば諦めていました。

 
また正直、今までの悲惨な過去を観てもらうことに

恐怖心を抱いていたのも確かです。

 

そして当時の記憶が甦ってしまうのも恐怖でした。

これは心理カウンセリングでも同じような恐怖を感じてたことがあったので

尚更恐怖を感じていました。

いわゆるフラッシュバックというものです。

一瞬にして当時へ戻ってしまい、当時の感覚をまざまざと再体験するというものです。

 

なにより恐ろしかったのは、この苦しみの人生は全て自分のせいだと

言われてしまうことに恐怖を感じていました。

 

悪いことが起こるのは、

自分が〇〇しなかったせい、または〇〇したせい、

と自分を責めながら生きていたので・・

悪いことは全部自分のせいだと。

 

しかもそれを霊界から言われてしまっては

もう神様に三下り半を突きつけられたも同然。

ますます生きづらくなってしまう。。

 

 
しかしもう半分投げやりで生きていた私は、

どうにかしてそこから抜け出したかった!

 

もしかしたらここに何かヒントがあるかも知れないと

望みをかけ、意を決し予約の電話をかけてみました。

 

やっとの思いでかけた電話でしたが、

なんと予約が一杯で当分の間予約はできないと。

まさかの展開。

 
それでもどうしても観ていただきたくて

帰国日を変更したり予定をずらしたりして

なんとか数か月後に予約を入れることができました。

 


そして迎えた当日。

例の恐怖心が甦ってきてしまい緊張がマックスに。

 

しかも女性の先生ということしか知らなかったので

どんな方なのか分からず余計に緊張してしまい

ドアの前まできてガタガタ震えが止まらず

落ち着くまでしばらく時間が必要でした。

 

 

ドアを開け笑顔で迎えてくださった先生は

小柄でとても美しい方でした。

私の思い描いていた霊能力者というイメージとは大違い。

温かい優しい笑顔の中に凛とした厳しさも感じられ

この方ならお任せできると安心したのを覚えています。

 

そしていよいよカウンセリングの始まりです。

 
最初に先生から説明がありました。

 
まず最初にこれから約5分間、質問など一切聞かず

一方的に霊界から降ろされたメッセージをお伝えします。

その間コールドリーディングを防ぐために、

相づちをうったり、うなずいたりせず

黙って聞いていてください。

と厳重に注意を受けました。

 
コールドリーディングとは、

相手の反応を見てそれに合わせて答えを導き出すという詐欺紛いの行為で、

よくニセの占い師などが使う手口だそうです。

 


そして

先生が目を閉じ暫くの静寂の後、メッセージがはじまりました。

 

f:id:beads-b:20200422111302j:plain

 


語られ始めた瞬間、まさに雷にうたれたような強い衝撃を受けました。

内容があまりにも的確だったからです。

全身に電気が走ったようにザワザワっと鳥肌が立ち

驚きで、ただただ涙が止まらなくなりました。

なぜ?どうしてそんな事まで知ってるの?!

 
そんな驚きと同時に、不思議と歓びが湧いてきました。

 

やっとここへたどり着いた!

やっと自分の居場所を見つけることができた!

という直感のようなものを感じ、

今まで感じたことのない充足感と幸福感で

さらに涙が止まらなくなりました。

 

そして何か得体のしれない、

優しくて温かいものに包みこまれた感覚を

今でも忘れることができません。

 

わずか5分

私の人生観は一転しました。

まるで別次元に居るようでした。

 
全てを理解し受け入れてもらえる歓びは、

それはもう例えようのない至福感。

 

生きていてよかった!と

自分は今、生きているんだ!と

初めて実感することができました。

まさに目が覚めたという感覚です。

 
今まで、どれだけ自分の思いを伝えるために努力をしてきたことか。。

言葉にできない思いを伝えることの難しさ。

そしてもどかしさ。

 

しかしここでは何も言わなくても

全て理解され受け入れてもらえました。

 

まるで夢の中・・

それとも異次元?

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが

これは実際に体験しなければ分からない感覚だと思います。

 


メッセージのあと、本格的なカウンセリングが始まります。

 

信じられない事に、この時点でまだ私は一言も喋っていません。

何も聞かずに、何の情報もない中で、あのメッセージです。

 

この後も、衝撃の連続でした。

 

 
長くなってしまいましたので、

続きはまた後日改めて。。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。(´-人-`)