オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

人を批判したくなる心のしくみ

 

こんにちは、ビーズです。

お立寄りいただきありがとうございます。

 

最近、また少し気分がモヤモヤしたことがあり、ちょっと深く考察してみたところ

小さな気づきがありましたので、お話させていただきます。

よろしかったらお付き合いくださいませ。

 

 

現在、出入国が規制されている中でも、グアムに入国してくる人が結構います。

そのほとんどがグアムの居住者または仕事でやむなく入国される方々です。

 

居住者の中には、海外に留学していた学生さんが多いようです。

今回のこの騒動で、休校になったり寮に居られなくなってしまった学生が親元へ帰って来てるケースが多いという事です。

 

グアムでは現在、飛行機を降りてからスグに検査を受け、たとえ陰性だったとしても

そのまま来た国へ戻るか、14日間ホテルで隔離されるか、どちらか選択しなければなりません。

 

今現在、そうして隔離生活をしている人が250人ほどいるそうです。

ホテルの部屋、約200室がうまっている状態だとか。規制されてから、ほとんど入国する人など居ないものだと思っていた私は、正直この数の多さに驚きました!

 

そんな中、ちょっと信じられない出来事がありました。

あるアジア圏から来たツーリストの女性が、14日間の隔離中に出産したというのです。

え?なんで??って思いますよね。実はこういった事、結構グアムでは多いんです。

理由はズバリ!アメリカ国籍を取得するためです。

グアムで生まれた子供はアメリカ国籍を取得できるんです。アジア圏から一番近いアメリカということで、ターゲットになっているんでしょうね。驚くことに、以前はツアーまであったそうです。たま~にですが、日本人もいます。

 

アメリカ国籍が取りたいとか、そんな事は別に人それぞれなのでいいと思いますけど、でもわざわざこの緊急時に?ってどうしても思ってしまうんですよね~。

迷惑になるとか、思わないのかな?って。

「緊急事態宣言」が出されている、しかも医療従事者も少ないこんな小さな島に。

しかも自分自身も生まれてくる子供にも、感染するリスクを負ってまでって・・

 

普段何もない状態の時に、本当に旅行に来ていて、たまたま予定より早く生まれてしまうって事はあるかもしれないけれど・・それだって、臨月のお腹抱えて旅行に来るなんて、信じられないけれど。

 

まあ、それはそれとして

問題なのは私がモヤっとした原因です。別に他人事なんだから、そんなにモヤモヤする必要ないんだけれど、このニュースを聞いてからずっとモヤモヤが消えませんでした。こんなにもモヤモヤしてしまうのは何故なのか考えてみました。

 

すると心の奥で「非常識だ!」とか「許せない!」とか「自分勝手だろ!」とか、ちょっと怒りにも似た感情が湧いていたのに気がつきました。

 

その怒りはどこからきてるのだろう?ともう少し深く探ってみました。

すると私は無意識のうちに人をジャッジしていた事に気づいたんです。

「人はこうあるべき!」と勝手に決めつけて、その枠からはみ出る人を批判する。

そう、その枠は私が勝手に決めつけた枠なので相手にとっては迷惑でしかありません。

 

ではなぜそんな枠があるのでしょう?

それは自分自身が、それと同じような枠にハメられて育ったからだと気づきました。

あれしなさい。これしなさい。あれしちゃだめ。これしちゃだめ。これをしたら悪い子。これができたらいい子。そんな事したら世間様に笑われる。などなどなど・・

 

そして人の顔色をうかがいながら、これくらいならはみ出しても大丈夫?と、さぐりながら枠の大きさを測って育ってきたことを思い出しました。

 

そして本当はその枠から出たかったのに、どうしても出られなかったという怒りを未だに持っていることに気づきました。

 

なので本当は批判ではなく、はみ出た人を羨んでるだけなんだと思います。

思うように生きている人、自由に生きている人が羨ましだけなんです。

 

自分は我慢してきたのに、どうしてあの人は我慢しなくていいの?不公平じゃないか!っていう怒りが批判となって表れているのだと感じました。

 

少し視点を変えて見ると、子供への虐待も同じような心理が働いているような気がします。虐待が連鎖するのは、自分が我慢してきたことを、自分の子供が我慢できないと許せなくなるんじゃないでしょうか。私は我慢してきたんだからお前も我慢しなさいと。

自分は我慢してきたことを、何の制限もなく自由にやってのける子供が許せない。

つまり子供が羨ましいんです。自分には出来なかったから。

 

では、どうすればいいのでしょう。。

子供の虐待については、様々な事情も絡みあっているのでもっと深い考察が必要です。

が、人を批判しなくなるために一番大切な事は、「自分を許してあげる」ことなんじゃないかなと思いました。

 

子供の頃にハメられた枠が小さい人ほど自分に厳しくなりがちです。

そして自分で自分をジャッジします。

自分に厳しい人は、他人にも厳しくなってしまいます。

 

これからは少しくらい失敗しても

「ま、いっか~」って思えるくらい、いつも心に余裕を持つように心がけ

そして自分にダメ出しばかりしないで、

たまには「いいよ、OK~♪」って言ってあげたいと思うようになりました。

 

人を批判したくなるときって、他にも様々あると思います。

例えば八つ当たりとか憂さ晴らしとかもその中に入るのではないでしょうか。

芸能人のゴシップとかは典型的な憂さ晴らしなのでは?

しかしこれもやはり自分の心が苦しいからですよね。

 

人を批判したくなったら、まず自分に優しくなりましょう(˘⌣˘♡)

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。(´-人-`)