オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

【帰国】成田空港・今帰るとこんな感じです②


こんにちはビーズです。

お立ち寄りいただきありがとうございます。

 

前回はPCR検査、入国審査、税関審査を終え、ホテルのバスに乗り込むまでをお伝えしました。

今日はその続きをお伝えしたいと思います。

 

ホテル行きのバスが到着すると、一列に整列し全員が集まるまで待ちます。

そしてバスの前で1人づつ荷物を預けます。

係の方は全身防護服を身につけておられました。

 

バスに乗り込んで、またまたビックリ!

f:id:beads-b:20200723104128j:image

内部は全てビニールで覆われていて、運転席との間も仕切られていました。

閉められたカーテンもビニールで覆われていて薄暗く、外は全く見えず、どこを走っているのか全然分かりません。

そのせいで、走行中少し気分が悪くなってしまいました。。

 

車内にはいくつか注意事項が書かれていましたが、その中に「運転手には絶対に話しかけないで下さい」というのが印象的でした。

もちろん運転手さんも完全防備されておりました。

 

15分くらいバスに揺られ、停車した先は日航ホテルの裏口の様な所。

外から厚生省の方?が入ってこられ、ホテルでの注意事項などについて説明がありました。

そして1人づつ部屋番号が書かれた紙を渡されて、1人づつバスを降ります。

 

ホテルへ入ると多勢のスタッフの方が並んでおられ、荷物とその日の夕食を渡してくれます。

みなさんの「お疲れ様でした!」という言葉に思わずウルっと。。

 

そして1人づつエレベーターに乗ります。

ボタンも触ってはいけません。スタッフの方が押してくれます。

エレベーターを降りた所にもスタッフさんがズラリ。

部屋まで案内してくれます。

 

ここまで多勢いると、見張られてる感がヒシヒシと伝わってきます。

 

やっと部屋へ入ることができたのが午後7時半くらい。

ここから完全に隔離状態になります。

一歩も部屋から出ることはできません。

なので鍵も渡されません。

 

食事はドアの外に置かれている小さなテーブルの上に、袋に入れられた状態で配膳されます。

フロアー全ての配膳が終わると、部屋にモーニングコールの電話が鳴り、それを合図に各自がドアを開けてテーブルの上の袋を取るという流れです。

 

日航だったこともあるのか、食事は美味しかったですよ。

そして何より、このメッセージに癒されました。

f:id:beads-b:20200723112641j:image

この様なメッセージが毎回添えられていて、ウルウル(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

おばちゃんの心には染みました。。

 

まるまる1日、何もする事がない。。

イヤイヤ、これは1日何もしなくても良いという、滅多にないチャンス!

だって何もせずとも三食運ばれてきて、家事は一切しなくていいなんて夢の様な話じゃないですか!

たとえ日常で、1日何もしなくて良いよと言われたところで、罪悪感やらなんやらで、まず気が落ち着かないし、無理だと思うんですね私には。

でも今回は、大手を振って何の気兼ねも無く、心ゆくまで満喫できるんですよ!

こういう言い方は不謹慎かもしれませんが。。

 

ゆっくりお風呂に2回入り、昼寝をしたり、本を読んだり、お茶を飲みながらボーっとテレビを観たり。。本当にリラックスして1日を過ごす事ができました。

 

そして3日目の朝、電話で陰性の結果を伝えられ、無事に退所することができました。

 

退所の際には、またいくつか注意点がありますので、次回詳しくお伝えしたいと思います。

 

私は友人が空港まで迎えに来てくれる事になっていたので、政府が用意したバスで空港へ向かいました。

f:id:beads-b:20200723120211j:image

もう、ビニールはありません!

普通のバスです。

ここでやっと、自分が陰性だったと実感することができました。

日常の世界に戻ってきた感がジワジワと。

 

バスは空港の出発階に着きます。

ここにも係の方が居るのかと思っていたんですが、誰もおらず。。。

え?もう勝手に動いていいの??と半信半疑になりながら到着階へ移動。

もう誰にも監視されていません。自由です!

 

f:id:beads-b:20200723121131j:image

友人の車を待つ場所に、こんな池がありました。

空港の外をゆっくり歩く事なんてなかったので、全然知らなかった!

大きな蓮の華と大きな鯉が、鮮やかで見惚れてしまいました。

 

空港は駐車場もガラガラなので、すぐに友人とも会うことができ、無事に東京へ来ることができました。

 

いろんな事がありすぎて、あっという間の3日間でした。

いい経験ができたと思います。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。(´-人-`)