オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

日本出国からグアム入国まで① 成田空港編

 

こんにちはビーズです。

お立寄りいただきありがとうございます。

 

だいぶ時間が経ってしまいましたが、日本を出国してからグアムに入国するまでの情報をお伝えできればと思いまとめてみました。

 

今回は成田空港編になります。

こんな時期に、空港を利用する人など滅多にいないでしょうけれど、少しでも何かお役に立てれば幸いです。ご興味のある方は最後までお付き合いくださいませ。

そして

いつもの事ですが、画像が全てボケています。申し訳ありません。

今回は特にボケてるような・・何卒ご了承くださいませ!<(_ _)>

ほんと、私は写真を撮るのが下手すぎます。。

 

東京での隔離生活を終えて晴れて公共交通機関を使えるようになり、成田空港まではバスを利用することにしました。

宿泊していた場所が箱崎のバスターミナル(T-CAT)近辺だったので、徒歩でターミナルへ。

 

通常だと20分おきくらいに出ているバスですが、今は1時間に1本のみの運行です。

にもかかわらず乗客は少なく10名ほど。ほとんどが航空会社のCAの方たちでした。

 

空港の出入口は通常通り。警備員もいませんでした。特に体温を測定したり、アルコール消毒もありません。

 

いつもは大勢の人でごった返している空港内も、ほぼ人の気配がなく、だだっ広い空間にアナウンスだけが響き渡り、まるで異次元の世界?

カウンターに並んでいる人もいません。こんな光景は初めて見ました。

 

チェックインも通常通り。体温やアルコールもなし。ただ口頭で健康状態と他の国への渡航の有無だけ質問されました。

 

チェックインを済ませ、ランチをいただこうと思いレストランを探しに。。

が、ほとんどのお店がクローズ。開いているお店は数件のみ。土産店などもほぼ閉まってました。開いてたのは無印とローソンくらい?

 

そんな中で和食のレストランが開いていたのは有難かったです。

お蕎麦とお寿司のセットをいただきました。大好きな茶碗蒸しもいただきました!

こんなにちゃんとした和食を、次回はいつ食べれるか分からない。。

しっかり、ゆっくり味わいました。(≧◇≦)

 

お店が閉まっていて、することもないので早々に出国手続きへ向かいました。

出国ゲート?以前は一人一人パスポートと搭乗券を確認していましたが、今は自動に変わっており、搭乗券のQRコードをかざすだけで通ることができました。

 

手荷物検査場もガラガラ、出国手続きも自動でスイスイ。あっと言う間に全ての手続きが終了。また時間を持て余すことに。。

 

出国後の土産店もクローズしている所が多く、開いていても商品がありません。

f:id:beads-b:20200818153310j:plain

商品棚はガラガラです。

有るのはお酒類と雑貨くらいで、お菓子は殆どありませんでした。

唯一カステラが3本だけ並んでいたので1本購入。( ´艸`)

 

f:id:beads-b:20200818153744j:plain

搭乗ゲートもガラガラです。

 

この日搭乗したのは30人くらい。

通常は前方の座席の人から搭乗するのですが、ソーシャルディスタンスを守るために後部の座席からの搭乗となりました。

小人数なのであっという間に全員が搭乗し、定刻より早めの離陸となりました。

f:id:beads-b:20200818153940j:plain

日本を後にして名残惜しさと、グアム入国への不安が入り混じり複雑な心境でした。

 

離陸後しばらくして、書類が配られました。

f:id:beads-b:20200818154610j:plain

 

渡航した国と、現在の健康状態に関する問診票のような物でした。

以前は日本語があったのですが、今はもう英語しか無いそうです。暫くしたら復活してくれるかな?

 

機内は快適でした。周りに人がいないので。。

食事も通常通り、映画も普通に観ることができました。

けれど、やはりブランケットや枕はありません。機内は寒いので予め用意しておいた方がいいでしょう。ちなみに私はいつも長袖のカーディガンを羽織り、靴下を履き、靴もサンダルではなくスニーカーのように、しっかりカバーしてくれる靴を履いて搭乗するようにしています。ほんの4時間程度ですが、寒いのはつらいですからね。

 

そうこうしているうちに、

定刻より40分も早く着陸となりました。

 

降りるときは先程とは逆に前方の人から降りていきます。

 

さあ、いよいよ入国です!

 

長くなったので、続きはまた後日。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。<(_ _)>