オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

月を知れば人生もう少し楽になるかも【月星座】牡羊座~蟹座

 

こんにちは、ビーズです。

お立寄りいただき、ありがとうございます。

 

今日は先日お話した月星座を、星座別にみていきたいと思います。

 

前回も書きましたが、この月星座につきましては、占星術師マドモアゼル・愛先生から教授いただいたものです。

それを私なりに、ごくごく簡単にまとめた物になりますので、その辺をご理解いただいた上で、ご興味のある方は、是非最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

まず、ここで言う月星座は、従来の占星術で言われていたような「吉星」ではなく

「凶星」の捉え方であるということをご承知おきください。

よって、ネガティブな言葉が羅列されております。

心の準備をしてからお読みくださいね。(^^;)

 

「月は欠損を示す」これがこの月星座のキーワードになります。

なぜ月が欠損なのか?

・・・難しい話は後にしてまずは先に、星座別のご説明をさせていただきます。

 

ご自身の月星座が分からない方は、ネットでホロスコープを検索してみてください。

無料でホロスコープを作成できますので、自分が生まれた時、月が何座に位置していたのかをご確認ください。

 

各星座ごとに

陥りやすい特徴、月光反転法新月生まれの特徴体の弱点なども解説しています。

 

月光反転法・・対称側、反対側の星座の特性を使って闇の部分を克服する方法

    

新月生まれ・・太陽と月が同じ星座に位置している方

新月は、どの星座でも同じ捉え方ができます。

新月の場合、月の力を太陽が加勢してしまうので、より一層、月の影響力が増してしまい強力になります。ゆえに苦難も強くなりがちだとされています。

しかし、この力が強烈な分、これを越えれば瞬時に太陽の自分に変換することができるという、新月にしかない力を持っています!

 

体の弱点・・・月は物質的な肉体のエネルギーも奪います。星座ごとに症状が表れやすい部位が分かれています。

 

また、各エレメンツ、ハウスについても後々解説いたします。

 

月の意味や捉え方などは、最後にまとめて解説できたらと思っております。

まずは、ご自身の月星座にはどんな特徴があるのか、ご確認いただきたいと思います。

 

それでは、12星座を順を追って解説していきますね。

 

f:id:beads-b:20200828131712j:plain



月の牡羊座

まず牡羊座を例にして、月の欠損についてご説明します。

 

太陽星座の牡羊座の特性として

主張、自分本位、外交的、正義感、単純かつ大胆、ストレート・・などがあります。

「我ココにあり!」と、自己をしっかりと持つことができる星座です。

が、

月星座が牡羊座にあると、上記のような特性が欠損しているという意味になるので

  • 自分という自我が分からない。
  • 自分に自信がない。
  • 常に自分とはなにか?と考えてしまう。
  • 常に自我の危機を感じているため怒りやすく短気。
  • 自己防衛力が強い。
  • 価値を認めてもらいたいという欲求が強い。
  • 自分の存在の意味をさがす。
  • 自我が分からないから、逆に自我を認められると困ってしまう。

・・・と、いうことになってしまうのです。

新月生まれの方

月を太陽が加勢するので、より月の力が強くなり

自分を最高の者だと認めさせたい!見られたい!!という思いが強くなりがちに・・

その思いを少しでも否定されると、怒りが爆発して大事になりかねないという面もあるようです。

 

月光反転法

この特性を跳ね返すには、牡羊座とは反対側に位置している、てんびん座の特性を活かす、これが月光反転法になります。

てんびん座の特性は、おしゃれ、バランス、公平、調和、安定・・

なので、

月が牡羊座にある方は、

  • まず物質的に「おしゃれ」を心がける。
  • 自己だけに意識を向けるない
  • 「心を許せる人と共に生きる」「自分ひとりでいる必要はない」と受け入れる
  • 「心許せる人と調和する、共存する、共有すること」に意識を向けると
  • 自分が自分であるがゆえに愛されるのだと気づき、自分を許せるようになる。
  • すると自然に、自分を楽しみながら自分を生きられるようになる。

体の弱点

頭部に症状が出やすく、神経症、ノイローゼ にも気をつけた方がいいそうです。

刺激物(辛い、熱い、冷たい)は避けましょう。

 

月の牡牛座

太陽星座の牡牛座は

所有、美食家、正直、素直、マイペース、頑固、安心感・・といったような

物質的な所有力と優れた五感を持っています。

 

月星座の牡牛座は、これらが欠損しているので

  • 物を所有できない
  • 財が持てない
  • お金持ちに見えるが本当はお金がない
  • 貧乏に見られたくない
  • 人の物が良く見える
  • 無駄使いがはげしい
  • 五感が子供の頃のから成長していない、子供の味覚
  • ニオイ、音、味など五感を不快にさせられるのではないかと常に気にしている

新月生まれの方

月を太陽が加勢してしまい、より月の力が強くなりますので

欲しいと思うと買わずにはいられない。

土地、家屋などの不動産へ執着が強く追い詰められる結果になることも・・

 

月光反転法→さそり座の特性を活かしましょう。

  • 自分の中の本当の欲求をさぐること
  • 物質でははく内側の深い欲求をさぐること
  • 物質主義をやめる
  • 見栄でお金を使わないこと

体の弱点

首、喉、声帯に症状が出やすいです。

風邪もノドからひきやすい。声を出しましょう。

 

月のふたご座

太陽星座のふたご座は

思考、好奇心、器用、賢明、会話好き、読書好き・・というような

思考力に優れ、頭の回転が早いという特性をもっています。

 

月星座のふたご座は、これらが欠損しているので

  • 思考ができない、考えが持てない
  • 無神経
  • 考えがないのに行動するので、つまらない事でトラブルになる
  • 頭がいいと思っている
  • 頭がいいと思われたい
  • 喋ること、書くことが好き
  • 書くことが得意だと思っているけれど、実際には何を書いているのか相手には伝わらないことが多い

新月生まれの方

月を太陽が加勢してしまい、より月の力が強くなりますので

劣等感に苛まれたり、一人前の人間として見られてない事を敏感に感じ取ったりして

怒りを溜めやすく自分を壊していく傾向があるようです。

投げやりになってしまいがちなので、気をつけましょう。

 

月光反転法→射手座の特性を活かしましょう。

  • ざっくばらん、楽観的、オープンマインドになる
  • 利口に見せなくてもいい。
  • どう見られてもいい!くらい楽観的になること。
  • 本当の私は、りっばな人間性を持っていると信じること。そうすることによって、つまらないプライドは消え、品が出てきます。
  • すると書くことも喜びに変わります。

体の弱点

腕、肩、呼吸器に症状が出やすいです。

筋肉の緊張から肩こりがしたり、呼吸も浅くなりがちです。

 

月の蟹座

太陽星座の蟹座は、母性、優しい、自己犠牲、感応・・というように

愛情深いく、思いやりに溢れた心をもつという特性があります。

 

月星座の蟹座は、それらが欠損しているので

  • 感受性がない
  • 想像力がない
  • デリカシーがない
  • 人の気持ちが分からない、自分の事も分からない
  • 優しそうに見えて本当は優しくない
  • 愛情深い人だと思われたいし、自分でも思いたい
  • 家庭に縛られるのがイヤ
  • なのに家庭の事ばかり考えてしまう
  • 実家の事が気になって仕方がない
  • 体調の異変も感じとれないので、突然倒れたりする

新月生まれの方

月を太陽が加勢してしまい、より月の力が強くなりますので、

優しい人にならなければ!愛情深く接しなければ!と思えば思うほど、ワザとらしくなってしまったり、見せかけの優しさになってしまいがちに。

 

月光反転法やぎ座の特性を活かしましょう。

  • 家に閉じこもるより、仕事に出た方がいい
  • 仕事に重点をおく
  • 無理に良い人になろうと努力しない
  • 優しい人より、明るいユーモアのある人でいることを心がける
  • 家事も仕事だと割り切る
  • 子育てが苦手、母性がないことを認める・・すると子供も楽になり家庭も円満になります

体の弱点

胃、消化器に症状がでやすいです。

ストレスを溜めず、温かいもの、心地いいものを取り入れましょう。

 

                🌙

 

思ったより量が多くなってしまいましたので、この先は数回に分けて解説させていただきたいと思います。申し訳ありません。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。(´-人-`)