オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

ただ今隔離中

 

こんにちは、ビーズです。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

前回の投稿から1ヶ月経ってしまいました。。

この間、いろいろありまして。。( ̄▽ ̄;)

年末年始で慌ただしくしている途中で体調をくずし、また些細な事でストレスを溜め込み精神的にも追い込まれ、コリャ参ったなぁ〜と思っているうちに帰国の日を迎えてしまい、あれよあれよと言う間に1ヶ月が過ぎ去ってしまいました。

 

で、実は今、絶賛隔離中の身であります。

 

日本の滞在は1週間の予定だったのですが、これまたいろいろありまして、1週間延びてしまい一昨日の夜やっと戻る事ができたのですが、グアム入国時には誰でも必ず強制的に1週間もしくは2週間の隔離となります。

 

前回(去年8月)の隔離に使われていたホテルは、いわゆる民宿的なホテルだったのですが、今回はビーチフロントにあるディシュタニホテルが使われています。

 

隔離中と言うだけで気が滅入ってしまいますが、今回はこの眺望だけで気を紛らわせる事ができて、ありがたい限りです。

 

25階のバルコニー。。

チョット足がすくんでしまいますが、とても気持ちがいいです。

左側にあるのがホテル日航、お隣が最近オープンしたばかりのツバキタワー。

日航の後ろ、手すりに隠れてしまって見えにくいですが断崖絶壁の上にあるのが恋人岬です。

f:id:beads-b:20210125113724j:plain

 

f:id:beads-b:20210125115105j:plain


観光客が来れなくなり、ビーチで遊ぶのは数人のローカルだけ。

本来なら大勢の人で賑わっているはずなのに。。寂しいですね。

 

今日は隔離生活2日目ですが、これといって不便はありません。

毎日3食部屋まで運んできてくれますし、Wi-Fiも快適につながっています。

 

隔離から6日目にPCR検査を受け、陰性であれば翌日には自宅へ戻れますが、1週間は自主隔離しなければなりません。

 

一度帰国すると、ほぼ1ヶ月は自由に出歩く事ができなきなります。

こんな事、いつまで続くのでしょうか。。。

 

今回は季節が冬だったこともあって、関節の痛みも増してしまいましたが、なんとか戻る事ができてホッとしています。

 

日本であったいろいろな事(笑)については、また改めて書きたいと思います。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。(*´人`*)