オレンジだった林檎

孤児・うつ病・アルコール依存症・パニック障害を越え、今は本来のスピリットに戻るため試行錯誤の日々。関節症乾癬、グアムでの生活などを綴っている雑記ブログ

久しぶりに、あちらの世界へ行きたくなってしまったというお話

 

こんにちはビーズです。

お立寄りいただき、ありがとうございます。

 

またしても更新が遅くなってしまいました。

ほぼ一カ月ぶりかな?

 

実は今回の受診で薬が変更になり、ヒュミラからスキリージという薬に移行となりました。変更の理由は副作用で肺炎が起きていた様で・・

ヒュミラはとっても良く効いていたので、非常に残念です。

 

その新しいスキリージという薬。

残念ながら私には合わないようで、日々日を追うごとに関節痛がじわじわと強くなってきております。特に手指の痛みが酷い状況です。

手が痛いと何をするにも億劫で・・ブログの更新もなかなかできませんでした。

はい!ただの言い訳です。(^▽^;)

 

今回の帰国は、次から次へと様々な事が起こり、なかなかハードな帰国となりました。その時の事をいろいろとお話したいと思っているのですが、今日はその中でも一番衝撃的だったことをお話させてください。

 

それは、数年ぶりに

「あちらの世界へ行きたくなっちゃった!」というお話です。

 

 日本から戻り、グアムでの隔離生活中に体験したことです。

 

前回も書きましたが、今回の隔離に使われていたホテルはビーチフロントの高層ホテル私は25階の部屋で7日間過ごす事になりました。

 

大きな窓いっぱいに果てしなく広がる青い海。

初日はバルコニーに出るだけで足がすくんで背筋がゾクゾクしました。

 

しかし毎日ベッドの上からこんな景色を眺めていると、感覚が麻痺してくるのか

バルコニーに出ても、全く怖くなくなりました。

 

f:id:beads-b:20210125113724j:plain

 

気がつけば、手すりに身を乗り出して写真を撮ったりしていました。

 

そして、なんと言っても隔離中の身。

誰とも会うことなく、会話もない。

世間とは全く別の空間にいるような、不思議な感覚を強く抱くようになりました。

 

自分は今、別次元にいるんだ・・・みたいな

イヤ、いない。自分は何処にも存在していない・・・みたいな

 

そんな感覚の中でぼーっと海を眺めていたら

フっと目の前の手すりを越えて行けそうな・・・そんな気になっていました。

 

一歩踏み出しても、そのまま歩いて行けそうな・・・そんな感覚に襲われて、手すりをつかんでいる手に力が入りました。

 

ここを越えれば楽になれる!

 

それは、懐かしい、私にはお馴染の感覚でした。

昔、毎日願っていた事。

待ちに待ったチャンスだよ!と、忘れていた自分がひょっこり顔を出す。

今なら実行できる。。

 

頭の中でザ~っと音が鳴りだし、何だかフワフワした気分に・・

それは意外にも心地よく、ちょっと嬉しいような不思議な心地よさでした。

 

その時、遥か眼下のビーチで遊んでいた子供たちの甲高い笑い声がホテルの壁に響き渡り、私はハッ!Σ(・□・;)と我に返りました。

 

部屋に飛び込んで急いで窓を閉めました。

 

f:id:beads-b:20210125115105j:plain

 

もしかしたら、あちらの世界の誰かに呼ばれたのかもしれません。

もしそうだとしたら、あちら側に私の波動が合ってしまったという事です。

それだけ自分が落ちていたという事ですね。

 

以前スピリチュアルの勉強をしている時、先生に忠告されたことを思い出しました。

気が落ちている時に、自〇の名所などには絶対に行かないように!と。

そこで亡くなられた方の波動とマッチして、呼ばれてしまうことがある。

ゆえにそこが名所となるのだ、と。

 

今回のことで、妙に納得してしまいました。

 

 

そんな事とは全く関係なく、隔離という孤独な環境と、吸い込まれそうな青い海が、感覚を狂わせたのかもしれません。

またはその両方だったのかもしれません。

 

兎に角、久しぶりに甦ってきたあの感情。

まだ私の潜在意識の中に存在していた事に驚き、ショックを受けました。

まだまだ癒しきれていない自分に、気づかされる出来事でした。

 

全然関係ない話ですが、タワーマンションにお住いの方たちは

こんな気分に襲われる事はないのかなぁ~と、勝手に心配している今日この頃です。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。(´-人-`)